2016年7月12日 (火)

法人設立のお知らせ

個人保険事務所として営業活動してまいりましたが、

5月20日をもって 「株式会社リンクス」 を設立し、業務開始致すことに

なりました!  o(*^▽^*)o

(報告が遅れました!!)

これもひとえに日頃の皆様方のご厚情とご支援によるものと

心より感謝している次第です。

法人設立を機に従来よりも増して懸命の努力をいたす所存でございますので

今後とも宜しくお願い致します。 m(_ _)m

2015年11月 4日 (水)

生命保険料控除

そろそろ保険会社から、「生命保険料 控除証明書」 が届きます!

毎年のことですが、「年末調整」 や 「確定申告」 の際に必要です。

(平成24年1月から、 生命保険料控除の適用が税制改正されてます。)

昨日 お客様から確定申告に必要だと言われ、昨年の控除証明書も送って

もらえませんか? とのご連絡。

控除証明書は今年の分だけではなく、昨年の分でも発送可能なので

修正申告の際などお役立てできます。

保険のメリットの一つですね。!(^^)!

保険のご相談はお気軽に!!

2015年8月11日 (火)

昨夜のライブ!


志免町にある床屋さん 「BARBER SHOP MIZUNO」 にて

LIVSAN(りぶさん)のライブ!

一曲・一曲 盛り上がってましたが、床屋のオーナー水野氏がドラムで

飛び入り参加した一曲は、最高にかっこよかった!(*゚▽゚)ノ

また、会場の一体感は素晴らしい!

Dsc_0010


Dsc_0008_3


Dsc_0002_2









2015年5月12日 (火)

最高のライブ!

Dsc_0152_2

昨夜は、HAIR-S OKUZONO にてライブ!

Jazz,  Blues ギターリストの大石みつのん & R1グランプリ常連のコメディアン ナオユキ

さんの2人は何度聞いても最高ですね!

会場は志免町の床屋さん。

いや~ 楽しませて頂きありがとうございました。

また来月も志免町、篠栗町とライブがあるので、楽しみです!!

2015年4月24日 (金)

相続問題 「逆順位の死亡ケース・・」

相続問題は色々とありますが、逆順位のケースを今日は紹介します。

事例

父、母、息子の3人暮らしのごく普通の家庭がありました。

息子は結婚し実家で新婚生活。 数年後・・・

父が亡くなり、遺産相続を母と息子の2人で遺産分割をしました。

しかし 母は息子夫婦に面倒を見てもらうのだからと、相続放棄して全財産を息子に・・

ところが、息子が突然の事故死・・・

普段から喧嘩が絶えない母と息子嫁の2人暮らしに。

葬儀後、息子嫁は実家を出ていきました・・

数か月後、突然 息子嫁が訪れ 「悪いけど家も財産も私のものだから!」

「出て行ってくれない?」  !!!

これが逆順位の死亡ケースです!

父から受け継いだ実家や財産を息子が全て遺産相続。

              ↓

息子が死亡し、財産は配偶者である嫁が全て相続します。

              ↓

     母にはなにも残らないのです・・

相続問題でよくあるケースですね・・  母は相続放棄して息子に全て渡してしまった

ことが原因です。将来的に母が死亡すれば、財産は息子が相続するのですから、

善意がアダにならないようにしたいですね。

嫁・姑 の関係は他人事ではないので、私も気をつけよう。 ( ̄Д ̄;;

2015年3月26日 (木)

相続放棄について

今日は 「相続放棄しても生命保険は受け取ることができる」 ことを解説します。

例えば、財産・資産よりも借金が多い父が死亡した場合、

母や子供は父の全財産を相続してしまうと、財産・資産だけでなく

借金も同時に相続します。

そうなると家族には何も残らないケースや、

到底返せない借金返済に追われてしまいます・・

こういう場合、母や子供は父の財産の相続を放棄できます。

ただし、父が加入していた生命保険は相続放棄している母や子供であっても、

保険金を受け取ることができます!

(生命保険は民法上相続財産ではないため、受取人の固有の財産であると

なっています。)

ただし、相続放棄した人が生命保険を受け取っても非課税金額は適用されません。

このように生命保険金は相続発生後に役立つということを知識として

覚えていてくださいね。

2015年2月16日 (月)

先日テレビでペットの番組がありました。

ペットではなく家族として共に生活していました。

飼い主とペットの信頼関係に感動していた私にゆき(犬)は

冷たい視線で見ていました・・

Dsc_0119

来週、遊びに連れて行こう!!

2014年12月16日 (火)

平成27年相続税改正

平成27年,1月1日以降の相続税が変わります。

基礎控除額が(5,000万+1,000万×法定相続人の数)

              ↓

   改正後  (3,000万+600万×法定相続人の数)

資産に係る基礎控除額が大きく引き下げられます。 ( ̄ロ ̄lll)

今まで相続財産が6,000万以下であれば税金はかかりませんでしたが、

平成27年からは、3,600万以上の相続財産があれば課税対象に!

(法定相続人が1人の場合)

このように基礎控除が引き下げられると、相続税の対象者が増えます。

当面使わない貯蓄を「生命保険」に回せば、(500万×法定相続人の数)

までは税金がかからないため、大幅な節税効果になります。

知っているのと、知らないでは、全く違う結果になりますので、

今まで無関心だった相続問題を考えてみるのもよい機会かもしれませんね!

2014年12月 3日 (水)

連帯保証人について

つい最近、相談された借人金対策を載せます。

事業所のほとんどは、金融機関からの借入れをされていることが

多いですが、社長(代表者)が死亡すると「連帯保証債務」は

家族、いわゆる法定相続人に相続されることは知っていますか?

以外と知られてないので少し解説します。

借入れは会社の代表者が必ず 「連帯保証人」になるわけですが、

代表者が死亡すると「連帯保証債務」はなくならないのです!

そのまま、相続人(妻や子供)へと相続されます。

また、確定していない保証債務は相続税計算上「債務控除」には

なりません・・

つまり、自分が「連帯保証人」をしている会社の借入金が、

何も知らない家族に返済義務が生じるということです。

また会社は、社長(代表者)個人からの借入金も以外に多く、社長の給料をそのまま

会社に貸付けて運転資金に回していることもありますが、社長が死亡した時に

社長の法定相続人に借りていた資金を返済することになりますので、

会社の負担は大きくなります・・

それ以外にも、事業所の不動産(社長名義、または会社名義)の借入れも

ある場合は、会社の存続にかかわるくらい大変になります・・

事業をするということは、万一の時の備えをしてからではないと、

全て 家族に迷惑がかかる可能性が高いという事を忘れないで頂きたいものですね。

日野保険事務所

2014年9月 1日 (月)

前厄

今日から 9月! 僕の誕生日です!!

早いもので今日で 41歳 になりました。 birthday パチパチ

人生80年 として半分過ぎましたな・・

41歳の豊富は 「貪欲に現状に満足しない」 精神で望んでいくぞ!

今後も宜しくお願いします。 ( ̄▽ ̄)

«保険見直しの注意点

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ